【FGO 第1部7章 2話】マーリンシスベキフォオオゥ…

こんばんは、ryu8です。

本日もアニメの感想を綴っていきます。

今回はFate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- 第2話になります。

1話分の投稿から、かなり期間が開いてしまいました…どんな話だっけ? と思われた方は下に前回分のリンクを置いておきますので、ぜひご覧ください。

【2019年秋アニメ】【感想】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- 第1話

上記の内容を踏まえた上で感想を綴っていきます。

 

1話の最後で魔獣に襲われる城壁の戦線を眺めて終わったのですが、アバンでは戦線の状況がエルキドゥによって話されます。

彼が言うには、絶え間ない魔獣達の進行を長い城壁を境界線に、半年間ずっと防衛しているようです。

かなり遠めから見た風景ですが、小粒に見えるのは1話でマシュや立香に襲い掛かった魔獣の群れだと思うと、恐怖でしかありません。

 

防衛する兵士視点も描写されておりました。

動物園の檻の中に居るライオンが今にでも襲い掛かってきそうな感じ。見る限り木製の柵のようですが、腕を伸ばされるとすぐにやられてしまいそうです。

そしてしれっと映るいかにも指揮官ぽい人。

ネタバレしてしまえば、この人もサーヴァントです。

後々語られるので、紹介は割愛しておきます。

防衛だけではジリ貧になってしまうので、城壁側は弓矢による曲射をして対抗している様子。

弓矢だけでなく爆弾のような物も放たれていますが、紀元前のバビロニアに爆弾はあったのでしょうか。サーヴァントからの技術提供なのかもしれません。

エルキドゥからの説明が終わったタイミングでOP映像が入ります。

1話ではOP無しの導入だったので、この話から初になります。

最初見た感想として…

イントロの映像がFate/Zero感!

OP映像の流れが下から正面、最後に空を仰ぐような描写になるのですが、この部分がFate/zero シーズン1のOPを思い出してしまいました。

Fate/ZeroのOP映像を張り付けたかったのですが、見つからなかったです…

FGO 7章のOP曲についてですが、担当はUNISON SQUARE GARDEN

TIGER&BUNNYのOP『オリオンをなぞる』や、血界戦線のED『シュガーソングとビターステップ』が強いイメージの彼らが歌われているようです。

タイトルは『Phantom Joke

幻影の戯け口やら冗談的な意味合いに感じますね。とても気になります。

それはさておき映像の方へ…

後々紹介することになるいっぱい動く牛若丸凄い楽しそう。

 

とても悪そうな顔の女神。プロレス大好きお姉さんケツァルコアトル

ゲームでは明かされなかった部分を解禁したエルキドゥ

めちゃくちゃ可愛い冥界の女神エレシュキガル

シナリオ中盤か後半辺りで見られそうですが、早く動いているところを見たいです。

OPが終わり、場面は森の中を歩くエルキドゥとマシュ・立香の面々。

そこでゲームでは人権鯖の1騎と言われる人と出会います。

花のお兄さんであり、多くのマスターに王の話を何度も聞かせた魔術師・マーリンです。

彼を見た瞬間、フォウ君が警戒したのを見て、あるシーンがもうすぐあることに察しました。

まずはエルキドゥの裏切り。この時点で目の前のエルキドゥは本人なのか疑わしいところです。

次にフォウ君が初めて人の言葉を喋ります。

マーリンシスベキフォオオオウ↑

マーリンに向かって回転しながら突っ込みます。

綺麗な猫?パンチを与えたフォウ君はそのままマーリンとの戯れへ…

元々の飼い主だったのでしょうか。フォウ君は特別な力を持っていますが、関わる経緯があまり描かれていない印象ですね。

敵と判明したエルキドゥと別れ、マーリンとはぐれサーヴァントのアナがメンバーに加わり、ウルクへと4人で向かいます。その際にアナが門番からお菓子を貰うのですが、彼女は戸惑います。

立香から受け取った方が良いと促されて、お菓子を受け取るアナ。

お菓子を受け取るまでが可愛いもので、立香に促されてから助けを求めるように1度マーリンに顔を向けるんですよね。本当に貰って良いのか不安がっているところが見えて可愛く思えてきます。

個人的な見解ですが、FGOの第1部7章はアナの心を成長させる物語と見てるんですよね。そういった描写をちゃんと描いてくれるのか期待です。

ウルクの中に入った4人は、すぐに王の元へと向かいます。

そこで出会うのが王のギルガメッシュ

彼は話す時間が勿体ないと言いながら立香達に戦いを挑むのです。

これで2話本編は終了です。

本編終わり後にはEDが入るのですが、この話からED映像が入ります。

まずEDのイントロがエモい…

マシュの影を中央に、これまで巡ってきた特異点のイメージ背景を映し出す。その後で7章に関わるサーヴァント込みの止め絵に入っていくと。

ゲームをプレイしていた人からすれば「おぉ!!」と唸る部分かもしれません。

ED担当はFate/Zero第1シーズンED『MEMORIA』やアルスラーン戦記ED『ラピスラズリ』で有名な印象のある藍井エイルさんによる『星が降るユメ』。

あくまで直感ですが、マシュをイメージした歌詞な気がしますね。

後々ちゃんと聞きたい所存です。

以上、ryu8でした!