【俺を好きなのはお前だけかよ 7話】平和な水着回から怒涛の展開へ

こんにちは、ryu8です。

本日もアニメの感想を行っていきます。

今回は『俺を好きなのはお前だけかよ』第7話について書いていきたいと思います。

前回の内容については、下記リンクにて書いております。

良ければお読み下さい。

【俺を好きなのはお前だけかよ 6話】うっそだろお前…

AbemaTVの公式サイトはこちらから

1.母公認のパンジーさん

最初はジョーロの家のリビングから始まります。

さっそく母親が登場しました。

声が17歳の方、田村ゆかりさんです。

ぐっもーにーん、あまつゆ

ウィンクもセットで朝の挨拶です。

主人公の名前、周りからジョーロやら如月とかで呼ばれているのを聞き慣れているせいか、本名を忘れてしまってました。君そんな名前だったね…

母の挨拶を見たジョーロは目を大きく開かせるのですが、驚くのも無理は無いよね…

私も朝からこんなテンション上がった状態で対応されるのは、中々にしんどいものがあります。気持ち分かる。

そして自分の予定が母に知られていることに疑問を覚えるジョーロでしたが、母はお友達から聞いたとのことでした。

デーン!!

なぜ君がいる?

ジョーロ「た、たいへんだああ!!!

これが赤の他人なら、大変どころの騒ぎではありません。

挙句の果てには、朝食を一緒に食べるパンジー。

まるで意味が分からない。

ジョーロがパンジーに尋ねると、日課のストーキングをしていたら偶然彼の母と遭遇し、招待されて今に至るみたいです。

日課のストーキングとかアカン言葉が出てきた訳ですが、母は動じません。

どういうことなの…というか、偶然の定義が乱れる…

見知らずの人を招待した訳でなく、この2人は以前、書店で会って仲良くなったようです。

母の好きな映画の原作を読んでいたと言っていましたが、近付くために事前に読んでいたとかは無いですよね?

私、そういうところ気になります!

2.オリジナルの水着回

今回の話、パンジーの口からアニメオリジナルの水着回であることが判明しました。

最初にワンピーススタイルのひまわり。

次にビキニスタイルのコスモス。

最後にパンジー。

乳はみ出てるし、水着攻め過ぎなのでは??


まさかのカリスマA子。

髪型変えているせいか、ジョーロは全く気付く気配がありません。

髪色や声、顔とかで誰かとか察しないのかな彼…

彼女はジョーロに例え話をする訳ですが、明らかに自分の話です。

分かり易くて可愛いな、おい。

悪いことをしてしまった人にどうすれば良いかと何度も聞く彼女ですが、ジョーロは謝れば良いの一点張りです。

カリスマA子に『最悪な関係でもか?』と聞かれますが…

何をしてもこれ以上悪くならないでしょ

彼はそう答えます。パンジーに言われたことの受け売りですね、はい。

実際に行動したからこそ言える言葉でしょう。

さて、この会話は後の伏線だったようなので覚えておきましょう。

AbemaTVの公式サイトはこちらから

3.ヒロイン達の接待タイム

一休みを入れた一行。

パンジーとコスモスはジョーロに遊びを提案しようとしますが、ひまわりの強引な割り込みによって遮られてしまいます。

3人との間にはバチバチと火花が散り、ジョーロを取り合う接待ゲームへと発展するのです。

パンジーが表立って争奪戦に参加するのは珍しい気がして、新鮮な気がしますね。

最初にひまわり。ウォータースライダーで遊ぶ訳ですが、ジョーロはお決まりのポロリを期待します。

ですが、ポロリしたのは自らの粗品でした。

一応お約束ですね!(期待していない)

次にコスモス。

流れるプールをピンクのイルカに2人で乗る予定だったのですが、何故かジョーロ1人で進んでしまいます。

子供に煽られ、精神的に来ますね…

コスモスの飛躍した思考回路には困りものです。

この人、本当に有能な人なのか…?

最後にパンジー。

彼女とは良い雰囲気を作り出せていたのですが、ジョーロは恐ろしい事実を知ってしまいます。パンジー、何故そんなことを知っている…?

偶然』って怖いですね!

万能な言葉だよ。

3人のヒロインと遊んだ結果、選ばれたのはサンちゃんでした。

花舞祭のパートナー候補になりかけるといい、真ヒロイン説あります。

というか、ジョーロがヒロインなのでは?

親友と書いてパートナーと呼ぶやつでしょうか。

4.怒涛の展開

友人達との遊びを終えて翌日。

学校ではジョーロに漂っていた悪評は校内新聞で誤りであることが公表され、彼の周りに平穏が訪れました。

クラス内の高位カーストに位置するカリスマ勢が謝罪しにジョーロの元へ、リーダー格の子がイメチェンしてくるという衝撃。

プールの日に彼女と遭遇した際に、ジョーロは謝る時の恰好についても話していました。

彼の趣味に合わせた結果なのでしょう。

↑イメチェン前↑

↑イメチェン後↑

個人的には前の方が好きでした…誠意を見せる意味で変えたんでしょうけども。

この時、彼女の名前がサザンカと知ることができます。

新たなヒロイン説が浮上しましたね。

最後に転校生が現れ、ジョーロに話しかけたところで今回の話は終わりです。

嬉しいようで、いろいろ不穏な空気が漂った終わり方をしたので、次回の話もまたジョーロに悪い空気が流れるような気がします。

まとめ

今回は原作に無いらしいオリジナルの水着回でした。

話数もそれなりに進んで、キャラクターの水着を出していこう等の制作者達の意図が見える回に感じました。

更にはパンジーが『オリジナルの水着回ということで生まれた熱き思いによって生まれたとても都合の良い日』と言った辺りから察してしまいました。

メタるのは好きな方ですが、あからさまに出していくスタイルはあまり好きになれないですね…

これで7話の感想を終わりとします。

 

今回紹介しました『俺を好きなのはお前だけかよ』はAbemaTVでも視聴することが可能です。

初回登録から一定期間が無料になるので、気になった方が居ましたら、登録してみるのはいかがでしょうか。

AbemaTVの公式サイトはこちらから

以上、ryu8でした!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする