【俺を好きなのはお前だけかよ 12話】パンジーの救い方

こんばんは、続けてアニメ感想記事の投稿を行うryu8です。

今回は『俺を好きなのはお前だけかよ』第12話について書いていきたいと思います。

前回の内容については、下記リンクにて書いております。

良ければお読み下さい。

【俺を好きなのはお前だけかよ 11話】明かされるパンジーの過去

AbemaTVの公式サイトはこちらから

1.パンジーの環境は変わらず...

ホース達の活躍により、図書室は活気に満ち溢れてきました。

これで図書室閉鎖の問題は解決手前。

ですが、パンジーの問題は未だ解決しておりません。

過去のことなど気にせず、パンジーに話しかけるホース

2人を見ては「お似合い」等と茶化すチェリー月見

見ていて気持ち悪さを感じます。

助けたくても助けに回れない状況下…サンちゃんだけがパンジーに手を差し伸べます。

ちょっと君、察し良すぎない?? さすが出来る男は違う。

動くサンちゃんを見たジョーロは、パンジーのために動くべく行動しようとしますが、彼女から報告があります。

実は私…サンちゃんと恋人になる約束をしているの

予想外な展開に戸惑うホース

「ねぇねぇ、どんな気持ち?」等と尋ねたい気分になりますね。

パンジーがサンちゃんと恋人になる約束は、自分達の居る高校が甲子園出場を決めたタイミング。確定ではありません。

ホースは表面上で祝福します。

彼の言葉を聞いたパンジーは、ジョーロに向けて突き放すように冷たい言葉を浴びせます。

わざわざ自分の腕を握りしめる描写を出す辺り、我慢して言っているようにしか感じませんね。

彼女の言葉を真に受けたジョーロは図書室を去ります。

2.素直じゃない高校生達

放課後、ジョーロはサンちゃんを教室に読んで話をしようと考えます。

教室に入った瞬間、彼はすぐさまパンジーが自分の彼女になる約束を話し始めます。

サンちゃんを信じているジョーロは、作戦なのかと尋ねますが…

バーカ…良い親友だったろう

まさかの悪人面である。

お前騙したな! 等と思いがちですが、「俺の親友としてやるべきことやってくれよ」と言っているので、騙そうとしている気はしませんね。

意外と分かりやすいよ彼。

パンジーに突き放された日以来、ジョーロは図書室に足を運ぶことは無くなりました。

そんな彼の様子を見に来たのか、手伝いに関わっていたヒロイン3人がやってきます。

3人にはジョーロが必要であると言われますが、彼の心には届きません

ヒロインとジョーロの話を聞いていたサザンカが唸る。

実はこの子、3人の後ろに入っていて、奥の席に居たんですよね。

なぜ友達は入ってくれなかったんだろう…

バイト終了後、ツバキから煽りを受けたジョーロはパンジーを助けることを決意しました。

ですが、手段は何も思い浮かびません。

考えながら店を出ると、そこにはサザンカが…

偶然ね…こんな場所で会うなんて…

そんな偶然ありえません。野暮なツッコミは止めておきましょう。

サザンカは彼を励ますように「自分らしくいろ!」等と訴えます。

彼女の言葉で目が覚めたジョーロは自信を取り戻します。

いつも通りの表情へ。

サザンカ曰く、少しキモいそうです。何それ悲しい。

ジョーロがいつも通りになって、雌の顔になるサザンカ。

恥ずかしさのあまり普通に戻ってしまう彼女ですが、もう少し素直になっていれば、ジョーロと良い関係が築けたのでは無いかと思います。無念…

AbemaTVの公式サイトはこちらから

3.主人公(偽)の逆襲?

後日、図書室閉鎖から免れる目的は達成したにも関わらず、ホース達は未だ協力関係にある様子です。

人目がある中で、ホースは自身の好意をパンジーに訴えます。

彼の訴えを聞くチェリーと月見は複雑そうな表情を浮かべています。

ホース…気付いてあげて…

ホースは「自分のことも考えて欲しい」と言ったり、月見は「ホースの気持ちを考えて」等と言っていますが、ビックリするほどブーメランな気がします。

言っていること無茶苦茶では??

ホースに追い詰められたパンジーを助けるべく登場した主人公(偽)

パンジーから「しばらく来ないで欲しいと言ったはず」と言われますが、すぐに弁解された彼女は赤面します。やっぱりねといったところ。

そこでジョーロはホースにある勝負を仕掛けます。

勝負に負けた人間の代償はパンジーに近づかない、話しかけない

まるでストーカー対策の取り決めのようです。

物理的にぶっ潰す!

言葉で通じない相手には一番の解決法です。

ホースはジョーロが提案する勝負内容に異議を唱えますが、ジョーロの口車に乗せられ、受ける羽目になってしまいます。

最後の決め手となったのが、パンジーへの告白とも呼べる叫び。

まさかの行動に周りは驚くわ驚く。

初めてホースが苛立ったような描写が映りましたが、彼は未だ誠実さを残したまま振舞います。

さて、肝心の勝負内容についてですが、ジョーロホース

どちらがパンジーの隣に居るべき人間であるかを女性陣で投票するというもの。

最後に地区大会の決勝で戦うホース達の高校と、ジョーロ達の通う高校で勝った高校が1票貰うというものでした。

パンジーの状況を知っている面々からすれば、ジョーロに有利なルールです。

ですが、よくよく考えたら、彼には不利なルールでした。

ジョーロ、皆が空気を読むと思わないことだよ。

そこに気が付いたコスモスは、先に投票することを選びます。

彼女の考えを察したひまわりあすなろも同じように動きます。

結果…3票ホースの元へ…

深く考えたらそうなるって…

まさかの展開にチェリーと月見は目を丸くしています。

最後にホースに票を送ったヒロイン3人から告白を受けたジョーロ。

地区大会決勝の結果が明かされないまま最終回を終えます。

何も知らない人から意味が分からないと思いますが、実はこの話が最終回だそうです。

なんでしょうか…この打ち切りEND感…

後に繋げる的な考えあってでしょう。そう信じましょう。

これで12話の感想を終わります。

まとめ

2019年秋アニメ「俺を好きなのはお前だけかよ」の最終回となりました。

最後にチェリーと月見の考えを正そうとするヒロインの動きや勝負の結果といい、後の展開が気になる終わり方をしました。

ジョーロが「もうちょっとだけ続くんじゃ」と言ったところなんて、続編ありきな感じがしますね。

はたまた原作の売り上げ次第なのか。ちょっと読めないですね。

 

これまで紹介しました『俺を好きなのはお前だけかよ』はAbemaTVでも視聴することが可能です。

初回登録から一定期間が無料になるので、気になった方が居ましたら、登録してみるのはいかがでしょうか。

以上、ryu8でした!

AbemaTVの公式サイトはこちらから

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする