【ライフスタイル】転職を決意したきっかけ

こんにちは、ryu8です。

前回は珍しくライフスタイル系の記事を上げさせていただきました。
正直、思っていたことを吐き出したようなものなので少し気持ち良かったです。

さて、今回は私が初めて入った会社を退職した時の話をしたいと思います。

1社目を退職した時の話

まずは当時の状況からお話ししましょう。

初めて入った会社ということで新卒かと思われますが、私の場合は派遣社員から始めました。
理由としては就活に失敗したことが始まりになります。

派遣会社から会社に入り、派遣期間の3ヶ月は勤めました。
当時の私は早く就職したい気持ちがあり、少しヤケになっていたんだと思います。

派遣期間を終えて、契約社員に雇用形態が変わりました。
確か時給は900円も無かったかと思います。

退職に至るまでの経緯

次には退職に至る経緯をお話しします。
理由は4点あり、詳細は下記に記します。

1.給料に見合わない仕事内容

この会社ではゲームアプリメールカスタマーとして働いておりました。

仕事内容はゲームアプリをプレイしているお客様から届いたお問い合わせを順次返していく仕事なのですが、時給に対して求められる仕事・責任の重さが合わないように感じられました。

給料に見合わないと感じた点について、お話しします。

(1)上がる気配が無い給料

担当していたゲームアプリは売上が高く、誤った案内をしてしまえば大問題に発展する危険性が多くありました。
更には質を上げようということで、お客様への案内文を見直す動きがありました。

案内文を見直す動きは全て対応しましたが、給料が上がる気配はありません。
他のアプリに比べてウエイトの重い仕事をすることになっていたと思います。

(2)拘束時間が長い

ゲームアプリの問い合わせ対応の仕事ですが、ゲームの仕様を知るために業務時間外も毎日プレイする流れになっていました。
担当アプリが普段からプレイしているものであれば負担は無いのですが、そうでもないアプリは苦痛に感じるものです。

仕事なので勉強と考えるべきですが、後のキャリアに影響するとは思えない勉強なので苦痛を覚えました。

業務でも無いので給料は発生しません。
サービス残業のように感じました。

(3)運営が不具合ばかり起こす

担当していたゲームアプリですが、運営さんが何かしらイベントをやる度に不具合ばかり起こしていました。
ゲームアプリの運営は基本、何かしらのイベントが走っているものなので、ほぼ毎日不具合対応がある前提の業務日程になっていました。

故に残業が多い。
基本給が低めだったので、加算される残業代も少なく、いっぱい稼いだ感覚がありませんでした。

2.他人頼りの新人(?)

アプリの問い合わせ対応にはチームで動いており、私の居たところでは激務だったからか人の入れ替わりが激しかったです。

そのため、他のアプリ担当者が異動でやってきたりします。

ですが、やってきた人はカスタマーサポートとして働いていた経験があるはずなのに、相手の立場に立って案内文を考えず全て他の人に聞いたりとあまりにも酷い人でした。
この人を見た瞬間、私は手を抜いて他の人に迷惑かけない仕事をするようにしようと考えるようになりました。

私が辞める際、他人頼りだった人は「ryu8さんからまだ教わり足りないです!」と言ってきた時は苛立ちを覚えました。

いや、君は自分の仕事を振りたいだけでしょ?

3.仕事の評価制度

当時の職場には評価制度がありました。
1日の問い合わせ対応件数で期間毎に評価されていたのですが、新人に仕事を教えたり、重い問い合わせ対応ばかり入っている時はあまり高評価を貰えないところがありました。

新人に仕事を教えたり、問い合わせの重みで評価して欲しかったところがあります。
いずれかに入ってしまえば、目標とする件数に到達しないことが多く、高評価にならないことが多々ありました。

更には、私が在職中に評価制度が変わったのですが、伸びしろが大きかった人にしか有利にならないような制度でした。
数年働いている人は、どうでも良いのかなと感じてしまいます。

4.自分の同期が先に退職してしまった

一番怖かったところです。
私が辞める少し前から退職者が続出していて、下手したら退職相談しても引き留められる可能性がありました。

少しでも辞めるタイミングが遅ければ、ズルズルと勤務する羽目になっていたのかもしれません。

まとめ

私がゲームアプリのメールカスタマーを辞めた理由をまとめます。

1.給料に見合わない仕事内容
2.他人頼りな人が居たこと
3.仕事の評価制度
4.自分の同期が先に辞めてしまった

他人から来るもの込みで仕事量が多く、サービス残業紛いな部分があったこと、評価制度が酷かったところが主な理由です。

日頃からゲームアプリをしていたとしても、辞めたら自分のキャリアには何も影響はしませんからね。

この頃から私は、仕事内容よりもお金を選ぶようになってきました。
そして、建築系の会社へ…

ちなみに、2社目の話はこちらになります。

【ライフスタイル】ryu8、退職したってよ

以上、ryu8でした。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする