課金ゲーマー必見! Amazonアプリ・コインのメリット・デメリットを解説

こんにちは、ryu8です。

突然ですが、あなたはゲームアプリに課金をしていますか?

そもそもゲームアプリは無料でやるものだ。
アプリに課金なんて言語道断!

などと考えている内にアプリ課金しているプレイヤーに負け続け…

あーもうクソゲー!
アプリゲームなんて結局課金じゃないか!

イライラが募りながらも続けてきたゲームアプリが好きなあなたは、気が付けば課金に手を出してしまうのです。課金してしまう要因としては、下記が挙げられるでしょう。

・ゲームに勝てるようになりたい
・好きな作品とコラボしている
・自分の趣味に刺さるキャラクターがガチャに出ている

それぞれに課金欲が掻き立てられますが、全てに課金してしまえばお金が足りなくなるパターンはざらにあると思います。さて、今回はお金が足りなくなる可能性を軽減できるAmazonアプリについて紹介いたします。
※後述しますが、AmazonアプリはAndroid端末のスマートフォンやタブレットでしか利用できません。iOS端末しか所持していない方はブラウザバックを推奨します。

■目次
●Amazonアプリとは?
-Amazonアプリのインストール方法
●Amazonコインとは?
-Amazonコインの使い道
-Amazonコインの買い方
-Amazonポイントとの違い
-Google Play版と特典の違い
-Amazonアプリ・コイン 3つのメリット
-Amazonアプリ・コイン 3つのデメリット
●Google PlayにもあるAmazonアプリの種類
●まとめ

Amazonアプリとは?

Amazonが開発元のAmazon Appstoreに提供されているアプリです。
Amazonが提供するFire端末と、Googleが提供するAndroid端末での利用が可能です。

Amazonアプリのインストール方法

Android端末にAmazonアプリをインストールするには下記手順が必要になります。

1.Amazonアプリストアのインストール

Amazonアプリストアのダウンロードはこちら

最初は上記のリンクから、画像のようなページに遷移し、『ダウンロード開始』をタップします。

すると『Amazon_App.apk』と呼ばれるファイルがダウンロードされますが、端末の設定によって開けない場合があります。赤枠の『開く』をタップすると下記のような表示が出てきます。

今回はGoogle Chromeからのアプリインストールを許可していない状態なので、こちらを許可します。一度『設定』をタップすると…

上記画像のような画面に遷移したことを確認し、『この提供元のアプリを許可』を行います。

そして再度『Amazon_App.apk』を開くと、上記のような表示が出てきます。同時に表示された『インストール』をタップします。

端末に画像のようなアイコンが表示されていたら、Amazonアプリストアのインストールは成功です。

2.Amazonアプリストアにログイン

インストールしたAmazonアプリストアをタップすると、Amazonアカウントへのログインを求められます。持っている場合は使っているアカウントを使用し、持っていない場合は新しく作りましょう。私は以前から持っていたので『サインイン』をタップします。

Amazon利用者からしたら見覚えのある画面です。
こちらにアカウント情報を登録していきます。

ログインに成功したら上記画像のような表示が出ます。
これでAmazonアプリのダウンロード・インストールが行えるようになります。

3.Amazonアプリをインストール

後は利用している、利用したいアプリをAmazonアプリストアからダウンロード・インストールするだけです。

※利用しているアプリがGoogle Play版で使っていたゲームアプリだった場合は、ゲームデータの引継ぎが必要になります。引継ぎ方法はご自身で対応をお願いいたします。

Amazonコインとは?

次にAmazonアプリで利用するAmazonコインについて解説していきます。

Amazonコインの使い道

Amazonコインの使い道は2通りです。

・Amazonアプリ内での課金支払い
・Amazonアプリストア内の有料アプリ支払い

アプリストア外での商品購入には使えないので、注意が必要です。

Amazonコインの買い方

Amazonコインの買い方について解説します。

Amazonコインの購入はこちら

Amazonの購入ページからAmazonコインを購入します。
画像では10000コインを選択しておりますが、赤枠の部分をタップすることでコインの額を選択できます。青枠の『1-Clickで今すぐ購入』をタップすると、コインの購入ができます。

※画像の状況は支払いにクレジットカードの登録を行った状態です。事前に支払い登録をしておきましょう。

Amazonポイントとの違い

AmazonコインがAmazonアプリ内の課金や有料アプリの支払いに使うのに対し、Amazonポイントとの違いは、Amazonでの買い物に使えるか否かの違いです。

AmazonコインはAmazonでの買い物には使えないので注意が必要です。

Google Play版と特典の違い

比較対象にあるGoogle Play版は課金する度にPlayポイントが溜まっていきます。ちなみにPlayポイントは、累計ポイントで上がるステータスによって取得率が変わります。初めはブロンズからで、シルバー、ゴールド、プラチナ、ダイヤモンドの順に上がっていきます。

■ステータス毎に貰えるポイント
・ブロンズ→100円毎に1Playポイント
・シルバー→100円毎に1.25Playポイント
・ゴールド→100円毎に1.5Playポイント
・プラチナ→100円毎に1.75Playポイント
・ダイヤモンド→100円毎に2Playポイント

Playポイントはクレジットとして換金も出来ますが、還元率がAmazon版に劣ります。

■例
自分がダイヤモンドユーザーであると仮定し、5000円分の課金をする場合。

Google Play版
5000円 + 50円(Playポイント換金分) = 5050ポイント
5000円で5050ポイントを得ることができる。

Amazon版
Amazon版では5000きっちりの金額で購入できないので、4300円と460円を合わせて購入します。

4300円 + 460円 = 5500コイン
4860円で5500コインを得ることができる。

上記の時点でAmazonアプリでの課金がお得であることが分かるでしょう。
代わりにGoogle Play版にはステータス特典として、電子書籍500円割引映画レンタル100円割引もありますが、使っていない場合はGoogle Playで使い続けるメリットはありません。

Amazonアプリ・コイン 3つのメリット

Amazonアプリ・コインを使うメリットには何があるのでしょうか。
実際に使ってみて感じたことを下記に書いていきます。

1.Amazonアプリストア内の課金を最大約20%お得にできる

一番の強みがこちらです。
Amazonコインの購入数と金額を比較してみると、下記の通りになります。

・500コイン=460円 +約9%
・1000コイン=900円 +約11%
・2500コイン=2200円 +約14%
・5000コイン=4300円 +約16%
・10000コイン=8400円 +約19%
・50000コイン=41000円 +約22%

実際の金額からおまけ分としてコインが一緒に追加できます。
金額に上がるにつれて、おまけ分が増していく考えです。

アプリゲームの課金でも有料ゲーム内通貨と無料ゲーム内通貨と分けられるものがありますが、Amazonコインでも同じようにサービスがあります。

2.AmazonアプリストアのログインボーナスでAmazonコインが貰える

Amazonアプリストアでは、毎日0時を回った後にログインを行うとAmazonコインが貰えます。購入以外で手に入る手段になるので、とてもありがたいです。
※無料で手に入れた獲得コインの有効期限は、獲得した日から1年程になるので気を付けましょう。

3.コインバックキャンペーンも合わせると更にお得

AmazonアプリストアにはAmazonコインバックと呼ばれるキャンペーンがあります。
キャンペーン期間中にAmazonコインを購入すると、課金・購入金額に応じて一定額のAmazonコインが還元されます。

課金したいアプリがキャンペーン対象アプリになっていたら、まとめ買いのタイミングです。

Amazonアプリ・コイン 3つのデメリット

ゲーム課金する方にとってお得に感じるAmazonアプリ・コインですが、デメリットは何があるのでしょうか。下記に書いていきます。

1.コインを購入してから反映までが遅い場合がある

Amazonコインを購入してから反映まで時間が掛かる場合があるというレビューがあります。
私はまだそんな事態に至ってはいませんが、課金したいタイミングが事前に分かっている時は、先に購入からしておきましょう。

2.iOS端末では利用できない

最初に書きましたが、AmazonアプリはiOS端末では利用できません。
iOS端末しか持っていない方にとっては、Amazonアプリの利点が使えないのは難点です。

3.Google PlayにあるアプリがAmazonアプリにあるとは限らない

AmazonアプリはGoogle Playに比べて種類が少ないです。
使いたいアプリがあるのであれば問題はありませんが、事前に確認する必要があります。
注意しましょう。

Google PlayにもあるAmazonアプリの種類

こちらではGoogle PlayとAmazonどちらにもあるアプリを書いておきます。
比較的よく見るであろうアプリを載せているので、利用しているアプリが無い場合は念のために確認しておきましょう。

・モンスターストライク
・パズル&ドラゴンズ
・白猫プロジェクト
・荒野行動
・FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONS 
・プロ野球スピリッツA
・放置少女
・チェインクロニクル
・魔法使いと黒猫のウィズ
・ヒプノシスマイク -A.R.B- 
・刀剣乱舞-ONLINE- Pocket
・TEPPEN
・星のドラゴンクエスト
・#コンパス

まとめ

今回はAmazonアプリ・コインについて書かせていただきました。
私自身は元々Google Play版を利用していてそれなりに課金をした経験もあるので、Amazonアプリのお得さに驚きました。

Android端末でゲーム課金している方は、Amazon版への移行を考えてみるのはいかがでしょうか。

以上、ryu8でした。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする